ユースソーシャルワークみやぎのブログBlog

学生ボランティア紹介”アスイク”

2017.08.06

こんにちは。先日のYSM新歓イベントには多くの新入生たちが来てくれ、先輩ボランティアと仲良く過ごす様子が見られました!今回は、そんな各団体の先輩ボランティアについてご紹介していきたいと思います。初回の今日は、NPO法人アスイクの学生にインタビューした様子をアスイク職員の四戸からお伝えします!
子どもたちや、ほかの大人たちと関わることが楽しい
1人目の学生は、東北福祉大学2年生の網塚ゆり夏さんです。アスイクで活動を始めて今年で2年目となる網塚さんに話を聞きました!
「アスイクでボランティアを始めたきっかけは何ですか?」」
大学に入ってからはたくさんボランティアに参加したいと思っていました。
アスイクとは別に週1回、特別支援学校に行っているのですが、ある日参加している先輩に「障害のある子どもに偏ってたらだめだよ」と言われました。そういわれてみたら障害を持つ子以外の小・中学生にかかわったことがあんまりないなと思って。
そこでたまたま学校の授業内にアスイクの職員の方がボランティア募集をしに来て
「よし、やってみよう」って軽い気持ちで参加しました。
「アスイクにはいって新しく知ったことや、子どもと関わる魅力ってどこにあると思いますか?」
子どもによってそれぞれやる気の向かっている方向が違うことを知ることができました。
すごく集中する子でも、本当はサポーターと話したいと思っていたり、
あまり勉強が好きではない子は「自分の苦手が何かわからない」「学校の授業がついていけなくなって勉強が嫌いになってしまった」など様々な事情があり、それぞれの対応が必要なのだと感じています。そのことについて知ることができたのも、短い期間ですがアスイクで子どもと実際に関わることで得られたことだと思います。
あと、すごい言い方変なんですけど、私週に1回どこかで子どもと関わらないとものすごくストレスが溜まるんですよ(笑)。「今週妙に疲れたな・・・」と思うときってボランティアにいってないときなんですよね。子どもから元気ももらうし、ちょっとした成長が見たいし。自分が何かで得た達成感よりもずっと大きいなって。
「網塚さんにとって、アスイクってどんな存在?」
元気をもらえる場所です。行かないと寂しくなります。
行って傷つくこともあるけどずっと続けたいと思える場所です!
「アスイクに興味ある方に一言ください!」
私も参加する前は不安だったんですが、アスイクは本当にみんな優しいし、勉強でわからないことがあったら周りに聞けるし、得られるものが大きいので迷っていたら是非やってほしいですね。
やってないともったいない感じがします。
子どもにも大人にも刺激をもらえるので本当に参加してよかったです。
子どもたちの居場所であり、自分の居場所になりました
2人目の学生は、山形大学2年生の鈴木加奈子さんです。アスイクで活動を始めて今年で2年目となる鈴木さんに話を聞きました!
「アスイクでボランティアをしようと思ったきっかけは何ですか?」」
うまく言えないけど、新しい世界に行きたかったんです。バイトと大学と家を往復するだけの生活で「これではだめだな」って。新しいことがしたかったんですよね。
「子どもと接する上で工夫していることとか、大事にしていることってありますか?」
しいて言うなら対等の関係、ですかね。私がただ先に生まれただけなので・・(笑)。
また、横の関係になれるようには意識していますね。
そうすることで子どもたちとフラットに話せるような気がします。
「鈴木さんにとって、アスイクってどんな存在?」
居場所であり、楽しいところであり、落ち着くところ。私、ここにいていいんだ!って。
子どもたちの居場所づくりもしているんですが、私にとっての居場所にもなってますね。
「アスイクに興味ある方に一言ください!」
私は大学で教育系を学んでるわけでも教員志望なわけでもありませんが、アスイクに参加しています。ボランティアに参加する理由は人それぞれで、立派な理由なんてなくていいと思います。
教育を学んでなくても教員志望じゃなくてもいいんです!
私の場合はただ単に、子どもとふれ合いたいとか、人と関わりたかったからです。
新しい環境に飛び込むのは怖いと思います。本当に恐怖。
私も参加する前は不安でアスイクのHPとか何回も読み漁ってすーっごい調べてました(笑)。
参加するか迷ってる人は迷ってる時間が本当にもったいないと言いたい。
自分にも言えることですが、やりたいと思ったら行動してみるのがイチバンだと思います。迷ってるときはボランティアをして「自分に何のメリットがあるか?」とか「ボランティアする時間あったらアルバイトしてお金稼ぎたい」とか色々考えると思うけど、やってみないと分からないことは山ほどあります。ちょっと勇気出せば何かが大きく変わるかもしれません。
キッカケは十人十色、その先はみんなイッショ
アスイクではこのように、あらかじめボランティアの志をもって参加してくださる方や、新しい世界に行こうと思って来てくださる方など、様々なキッカケをもつたくさんの学生の方々にボランティアとして参加していただいております。ただ、子どもたちと関わる中で生まれた彼らを思う気持ちは、きっとみんな一緒にもっているものなのかと(^^)
アスイクではこれからも、いろいろなキッカケを持つ学生の方々と共に活動していけたらなと思っておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください!
【私たちと一緒に、子どもたちの明日をはぐくみませんか?】
アスイクでは、子どもたちと一緒に勉強をして、子どもたちと一緒に話をして、子どもたちと一緒に様々なことに向き合ってくれる仲間を募集しています!
★詳しくは、こちら!⇒http://asuiku.org/?page_id=1237 (ボランティア募集ページ)★

一覧へ