ユースソーシャルワークみやぎのブログBlog

新歓イベント第1弾『Freshers CUP』・今回は、新歓イベント第1弾として開催した『フットサル大会』の様子をお伝えします!

2017.08.06

こんにちは。今回は、新歓イベント第1弾として開催した『フットサル大会』の様子をお伝えします!

総勢80人の戦い

4月23日(日)、仙台市にあるフットサル会場に集まったフットサル大会参加者は、なんと80人!幹事団体であるチャンス・フォー・チルドレン、TEDIC、アスイクの職員や活動中の学生ボランティアに迎えられて、ドキドキしながら会場入りした新入生たち。
そんな新入生たちが先輩たちと一緒にチームとなり、豪華景品GETを懸けた負けられない試合がついにキックオフ!攻めが強いチーム、女子学生も活躍しているチーム、プレーも応援も全力なチームなど、8チームそれぞれのカラーが見られた戦いとなりました!優勝は果たせなかったチームも、メンバーと一緒に写真を撮ったり、LINEを交換したり、大会終了後も残ってお話ししていたり(なかには、一緒にご飯にいったチームも!)と、すっかり仲良くなっていました!先輩ボランティアと大学や高校時代の話などをして仲良くなったり、先輩ボランティアからどんな活動をしているかの話を聞いて、自分に合う団体が見つかり「また新歓イベントに参加したい」と思ってくれた新入生もいたようです。先輩ボランティアと新入生だけでなく、参加したメンバー間でも「また会おう!」の声があがっており、フットサルを通して出来たこの繋がりが今後も続いていったら、私たちYSMも嬉しい限りです!

「ボランティア」の拡がり

子ども支援人材の育成を目的とするYSMが、今回「フットサル」を実施したのは、「ボランティア」のすそ野を拡げるという狙いがありました。例えば幹事団体のひとつであるチャンス・フォー・チルドレンでは男子学生のボランティアが少ないという課題があります。学生のキャラクターにも一定の偏りが見られます。支援対象の子どもたちは本当に色々な子たちがいるので、本来であれば支援者側も多様でなければなりません。
そこで今回は、イベントのターゲットを「通常の説明会等では接点をつくりづらい男子層」としました。(ぼやかした表現ですね笑)実際、当日は既存の説明会では見かけないような学生たちが多く参加してくれました笑 ただ、フットサルを通じて仲良くなった後に、私たちの活動を説明すると興味を持ってくれる学生も多くいました。きっと彼らにとってはボランティアを始める入り口のハードルが高かったりするんだと思います。専門家にしか出来ない支援もありますが、彼・彼女たちにしかできない子どもとの関わり方があるのも事実です。
YSMでは今後も、各団体の新歓イベントや情報発信を通して多くの皆さんと繋がり、私たちのことを知っていただけたらなと思っています^^
早速5月には、新歓イベント第2弾『フレッシャーズキャンプ』を開催します!こちらも大規模イベントとなっておりますので、フットサル大会に参加できなかった方、また楽しい時間を過ごしたいという方など沢山の方々のご参加をお待ちしております!
【イベントに関する最新情報は、SNSでチェック】
★Facebook ”ユースソーシャルワークみやぎ” で検索!
★twitter【@YouthSocialwork】&インスタ【ys_miyagi】もやってます!

一覧へ